たびりらは、歩きやすくて足の健康によい、
足袋型コンフォートシューズです。

足の指で地面をつかむような感覚で、気持ちよく歩けます。
それはまるで、はだしのような心地よさ。

履いて歩くだけで足の指が伸び、
足の裏もあるべき姿へ戻るなど、足の健康に役立ちます。
足の痛みや外反母趾で悩んでいる方にも、足に優しいと好評です。

手軽でオシャレなので、毎日のウォーキングや休日のお出かけはもちろん、
オフィスへの通勤用や職場での室内履きにもぴったり。
さらに、旅先のセカンドシューズなどにも、幅広く使えます。

たびりらで、あなたの足元を、もっと快適に。

たびりらストーリー
  • 足の裏からよく伝わる。
    はだしみたいで心地いい。

  • 通勤しながら、
    たびりらで健康に。

  • 軽くて持ち運びラクラク。
    お気に入りのカバンと一緒に。

  • 気軽に丸洗い。メンテのしやすさも、
    気持ちよさのひとつ。

  • 創立100年の老舗地下足袋
    メーカーならではのこだわりと品質

画像
画像
画像
画像

足袋のかたちで足の指に力を入れやすく、地面をつかむような感覚で、
バランスよくしっかり歩けます。はだしのような心地よさも魅力。
歩くたびに足の指が伸びるので、
指を使った歩き方になりやすく、足の健康にも役立ちます。

画像

画像

足袋のかたちで足の指に力を入れやすく、地面をつかむような感覚で、
バランスよくしっかり歩けます。
はだしのような心地よさも魅力。
歩くたびに足の指が伸びるので、
指を使った歩き方になりやすく、足の健康にも役立ちます。

画像

画像
画像

画像

足先が分かれているので、足の指がのびのび。
パンプスのような締め付け感がなく、足が痛くならず、
外反母趾の予防、悪化防止に効果的です。

画像
画像

足指を使うことが健康への一歩です。

現代人の足裏や足指は靴の中で固まってしまい、膝や腰への負荷が必要以上に高くなっているケースが見受けられます。
「足指をつかうこと」や「足裏の感覚を敏感にすること」は足本来の機能を取り戻し、足と体の健康にとても大切です。
足袋型シューズを履くことは、足指が良く伸び、血行がよくなることで、むくみの予防にも効果的と考えられます。​

一般社団法人足育研究会代表
埼玉県済生会川口総合病院勤務
高山かおる医師
画像
2007年に国内大学病院では珍しい皮膚科フットケア外来の開局に携わる。フットケアの専門医としてNHK「あさイチ」など多数のテレビ番組に出演。2015年に「100歳まで自分の足で歩ける社会づくり」を目指し一般社団法人足育研究会を設立、代表を務める。
画像

画像画像

楽ちんなだけじゃなく、女性らしさや上品さも欲しい。
もちろんトレンド感も!
いつも素敵な、たびりらユーザーさんにお集まりいただき、
たびりらの楽しみ方をお聞きしました。

画像

画像

左から:小沢さん(美容室レセプション)、黒岩さん(フラワーデザイナー)、辻本さん(セラピスト)

二股の足袋型って、かわいい。

黒岩さん(以下黒岩):みなさん、足袋型のシューズの印象はどうでした?
ハイファッションブランドで足袋型のブーツってありましたよね。高すぎるので、買ってはないけど、友達が履いているのを見てかわいいなと思ってました。

小沢さん(以下小沢):5本指ソックスっておじさんっぽさがあるけど、二股の足袋型はかわいいですよね。

辻本さん(以下辻本):うん、たびりらのつま先の丸いフォルムがかわいい。ころんってしてて。

TPOに合わせて靴を選択。長時間の立ちっぱなしに最適。

画像

TPOに合わせて靴を選択。長時間の立ちっぱなしに最適。

黒岩:私はフラワーデザイナーで、辻本さんはセラピスト、小沢さんは美容室のレセプション。みなさん立ち仕事ですよね?仕事で使う靴へのこだわりってありますか?
機能面とかデザイン面とか、どんなところから選びますか?

小沢:今はそんなに長時間立つことはないけれど、私、ずーっと立っているとかかとが痛くなることが多くて、スニーカーでも痛くなるんです。たびりらはシンプルな構造で、かかとに変に硬いものがないから、よかった。そうそう、お店で履いているとお客様から「その靴かわいい!」って声をかけられますよ。

辻本:私はもう、足が疲れない靴、ヒールじゃない靴がいいですね。細身じゃなくて、足を自由に動かせて。出張も多いので、荷物を持って長時間歩くこともあるので。

黒岩:そこら辺に行くのであれば、デザイン的にもあまりこだわらないけど、外に行く、仕事に行くときには、よそ行きっぽく見えることを重視してるかな。普段、オフィス内でお花を作らなきゃいけないときは、長時間ずっと立ってないといけなくて、そういう時にたびりらだとバッチリです。打ち合わせに行くときはヒールのあるものに履き替えて、TPOに合わせて靴を選択してるかな。

画像

黒岩:私はフラワーデザイナーで、辻本さんはセラピスト、小沢さんは美容室のレセプション。みなさん立ち仕事ですよね?仕事で使う靴へのこだわりってありますか?
機能面とかデザイン面とか、どんなところから選びますか?

小沢:今はそんなに長時間立つことはないけれど、私、ずーっと立っているとかかとが痛くなることが多くて、スニーカーでも痛くなるんです。たびりらはシンプルな構造で、かかとに変に硬いものがないから、よかった。そうそう、お店で履いているとお客様から「その靴かわいい!」って声をかけられますよ。

辻本:私はもう、足が疲れない靴、ヒールじゃない靴がいいですね。細身じゃなくて、足を自由に動かせて。出張も多いので、荷物を持って長時間歩くこともあるので。

黒岩:そこら辺に行くのであれば、デザイン的にもあまりこだわらないけど、外に行く、仕事に行くときには、よそ行きっぽく見えることを重視してるかな。普段、オフィス内でお花を作らなきゃいけないときは、長時間ずっと立ってないといけなくて、そういう時にたびりらだとバッチリです。打ち合わせに行くときはヒールのあるものに履き替えて、TPOに合わせて靴を選択してるかな。

履くだけで、健康につながるって女性には嬉しい。

画像

履くだけで、健康につながるって女性には嬉しい。

小沢:仕事以外だと、どうですか?
私の場合は、ウォーキングで履いてたり、あとは、持ち運びが便利なので、先日は沖縄旅行に持って行きました。素足でリラックスできるから機内でも履いてましたよ。

辻本:リラックス~。重要!足の裏は重要だと言われてますよね。靴底の薄さが砂利とか踏んだ時、足つぼを刺激していい感じになりそう。普段履きは、たびりらで、ながら◯◯◯じゃないけど、履くだけ健康みたいな。履くだけで、健康につながるって、女性には嬉しい。

黒岩:それそれ、私、足の健康トラブルを抱えてて。外反母趾。靴の幅が広くないと駄目です。痛くなっちゃう。たびりらは締め付けが少なくて、生地も少し伸びるし、全然痛くない。母にも勧めましたよ。

辻本:そういえば夫がランニングが趣味で、素足に近い靴、自作でサンダルみたいなのを作って走ってて……。ワラーチって言ってたかな。

黒岩・小沢:自作?すごい!

辻本:最初は痛かったけど、今すごく足が楽になったって言ってました。
で、今日この座談会に参加するって夫に言ったら「男性用もないの?」って。そんな話しを聞くと、たびりらってデザイン性だけでなく、健康面も考えて作られたのが魅力なんだな、って思います。

画像

小沢:仕事以外だと、どうですか?
私の場合は、ウォーキングで履いてたり、あとは、持ち運びが便利なので、先日は沖縄旅行に持って行きました。素足でリラックスできるから機内でも履いてましたよ。

辻本:リラックス~。重要!足の裏は重要だと言われてますよね。靴底の薄さが砂利とか踏んだ時、足つぼを刺激していい感じになりそう。普段履きは、たびりらで、ながら◯◯◯じゃないけど、履くだけ健康みたいな。履くだけで、健康につながるって、女性には嬉しい。

黒岩:それそれ、私、足の健康トラブルを抱えてて。外反母趾。靴の幅が広くないと駄目です。痛くなっちゃう。たびりらは締め付けが少なくて、生地も少し伸びるし、全然痛くない。母にも勧めましたよ。

辻本:そういえば夫がランニングが趣味で、素足に近い靴、自作でサンダルみたいなのを作って走ってて……。ワラーチって言ってたかな。

黒岩・小沢:自作?すごい!

辻本:最初は痛かったけど、今すごく足が楽になったって言ってました。
で、今日この座談会に参加するって夫に言ったら「男性用もないの?」って。そんな話しを聞くと、たびりらってデザイン性だけでなく、健康面も考えて作られたのが魅力なんだな、って思います。

少し乱暴に脱ぎ履きしても大丈夫。
家族でたびりらを楽しんでます。

画像

少し乱暴に脱ぎ履きしても大丈夫。家族でたびりらを楽しんでます。

小沢:私、たびりらのヘビーユーザーだと思う(笑)家族でキャンプによく行ってて、脱ぎ履きが面倒だから、かかとを踏める靴として、たびりらを家族みんなで履いていくんです。サンダルでもいいかなと思うんだけど、キャンプだと枝とか砂利とか危ないですからね。特に子供には……。ちゃんと守られてて、脱ぎ履きできる、たびりらが結構いい感じなんです。
少し乱暴に脱いでも大丈夫だし。多分、今のたびりらがクタクタになっちゃったら、買いなおしちゃうと思う。

黒岩:子供用もあるんですよね。うちの子供が小さい時、保育園ではだし教育だったんですけど、はだしに抵抗感のあるお母さんが中にはいらっしゃって。そんな時、たびりらのような薄いシューズがあればいいなって思ってました。

小沢:子供とおそろいで履けるのは嬉しいですね。これからだと、浴衣のスタイルと合わせてもかわいいかも。夏っぽい格好の親子スタイル、かわいいですよね。

辻本:うんうん、先日販売された期間限定デザインがすごくかわいくて。
ああいう企画を今後をよくやってくれたら楽しいですね。

黒岩:
私みたいに足で悩む人がオフィスでも履きやすいように、逆に、もっと定番カラーがあっても嬉しい。

画像

小沢:私、たびりらのヘビーユーザーだと思う(笑)家族でキャンプによく行ってて、脱ぎ履きが面倒だから、かかとを踏める靴として、たびりらを家族みんなで履いていくんです。サンダルでもいいかなと思うんだけど、キャンプだと枝とか砂利とか危ないですからね。特に子供には……。ちゃんと守られてて、脱ぎ履きできる、たびりらが結構いい感じなんです。
少し乱暴に脱いでも大丈夫だし。多分、今のたびりらがクタクタになっちゃったら、買いなおしちゃうと思う。

黒岩:子供用もあるんですよね。うちの子供が小さい時、保育園ではだし教育だったんですけど、はだしに抵抗感のあるお母さんが中にはいらっしゃって。そんな時、たびりらのような薄いシューズがあればいいなって思ってました。

小沢:子供とおそろいで履けるのは嬉しいですね。これからだと、浴衣のスタイルと合わせてもかわいいかも。夏っぽい格好の親子スタイル、かわいいですよね。

辻本:うんうん、先日販売された期間限定デザインがすごくかわいくて。
ああいう企画を今後をよくやってくれたら楽しいですね。

黒岩:私みたいに足で悩む人がオフィスでも履きやすいように、逆に、もっと定番カラーがあっても嬉しい。

もっといろんなバリエーションを出して欲しい。
友達にも勧めますから~(笑)

小沢:アウトドアシーンでもっとラフに使えるよう、防水素材?速乾性のもあると嬉しい。履いたまま川にドボンってできるような。

辻本:あ!それいいですね~。もっといろんなバリエーションを出して欲しい。色も、デザインも。

小沢:確かに。丸五さん、ぜひもっとたびりらのラインナップを増やしてくださいー!友達にも勧めますから(笑)

みなさんのコーディネート

まるで海辺ウォーキング。
my favorite スポーツコーデ。

画像

動きやすさ重視で選んだスウェット&タンクトップも、スタイルよくキマる長身さん。
お気に入りのたびりら「海」を合わせれば、ウォーキングタイムが爽やかにもっと楽しく。

リラックス系コーデに、
意外な相性のムーンカラー。

画像

リラックス系ワイドパンツが縦のラインを強調し、小沢さんをハンサムな存在に。上品素材の明るいトップスと相性のよいたびりら「月」で、まわりに元気を注入。

デニムは忙しい女性の味方。
個性&機能のカジュアルコーデ。

画像

シンプルながら個性をプラスした、ビビッドカラーのワンピースが活躍。コーデを綺麗にまとめ上げる「デニム」のたびりらと、パンツを合わせて動き回る準備はバッチリ。

Autumn Winter Styling

画像
画像
画像

画像

軽いので、カバンにくくり付けてもよし。
かかとを折り畳めるので、両足を重ねてコンパクトにしまうもよし。
スリッポンタイプなので脱ぎ履きもラクです。

画像

お気に入りのカバンと一緒に、どこまでも。

軽いので、カバンにくくり付けてもよし。
かかとを折り畳めるので、両足を重ねてコンパクトにしまうもよし。
スリッポンタイプなので脱ぎ履きもラクです。

画像
画像
画像

画像

老舗帆布メーカー「タケヤリ」の綿100%の国産生地で、
さらっとした心地よい肌ざわり。
丸洗いできるので、いつでも清潔。

画像

※ご注意ください | 濃色の生地を使用している製品では、汗や水に濡れた場合に色落ちや靴下などへの色移りが生じる事がありますので、十分ご注意下さい。他のものと一緒の洗濯はお避けください。
洗濯される場合は、水かぬるま湯で手洗いしてください。丸洗いできるのは綿生地を使った製品に限ります。一部綿生地を使用していない商品もございます。

画像

画像

画像

素材は老舗帆布メーカー「株式会社タケヤリ」製、綿100%の国産生地を使用。通常の綿生地にはない「たびりら」独自の特殊な織り方を採用し、美しい柄とさらっと心地よい肌あたりを実現しています。加えて、染め作業はデニムの聖地、倉敷・児島で手がけています。履き込むほどに、豊かな風合いが醸し出されます。

画像

経糸を巻いている作業。

画像

革新織機(かくしんしょっき)によって
織られていく「たびりら」の生地。

画像

完成した生地を検品する
タケヤリ・武鑓達也氏と、丸五社員。

画像
画像

画像

「たびりら」は岡山県倉敷市茶屋町にある、
丸五本社の自社工場で生産。
1919年の創立以降変わらない“
のこぎり屋根”のファクトリーで、
熟練の職人たちが一つひとつ丁寧な
手仕事でつくりあげています。

画像

画像

画像

素材は老舗帆布メーカー「株式会社タケヤリ」製、綿100%の国産生地を使用。
通常の帆布にはない「たびりら」独自の特殊な織り方を採用し、
美しい柄とさらっと心地よい肌あたりを実現しています。

画像

千田(企画デザイン)、大橋(企画デザイン)、杉本(設計技術)、川崎(webデザイン/サイト運営)

画像

たびりらのコンセプトを思いついたきっかけは何ですか?

川崎:「以前から、地下足袋の良さを沢山の方に知っていただきたい、履いていただきたいと思っていました。しかし、コハゼを止める『地下足袋スタイル』は履きにくく、普段履きとしては受け入れられにくいと感じていました。」

大橋:「そんな時、ヨーロッパ発祥のエスパドリーユに出会ったんです。布と底だけの簡単な靴です。材料的に地下足袋と近いものを感じました。」

大橋:「エスパドリーユは、男性も女性も履けてカラーも豊富で、楽しい気分になれます。きっと地下足袋も、履き心地の良さを残しつつ、気軽に履ける楽しい履物になれると思いました。そこから、スポッと履けるスリッポンタイプの地下足袋の開発を考えていきました。」

画像

-開発で大変だったことは何ですか?

杉本:「地下足袋は、甲の部分を縫い合わせてあるのですが、その部分の強度を出すのに苦労しました。包み込むような履き心地を出すために、柔らかさと強さを兼ね備えた帆布の変わり織の生地を選定しましたが、つま先の成形が複雑なため、しわを出さないようにするのも大変でした。」

画像

-たびりらをどんな人に履いて欲しいですか?

千田:「たびりらは、サッと履けるし、ぺたんこ靴なので、安定感抜群です。子育て中のお母さんや、一日中動き回っている店舗のスタッフさん、気が付いたら足がクタクタ!という方に、ぜひ履いていただきたいです。」

たびりらのコンセプトを思いついたきっかけは何ですか?

川崎:「以前から、地下足袋の良さを沢山の方に知っていただきたい、履いていただきたいと思っていました。しかし、コハゼを止める『地下足袋スタイル』は履きにくく、普段履きとしては受け入れられにくいと感じていました。」

大橋:「そんな時、ヨーロッパ発祥のエスパドリーユに出会ったんです。布と底だけの簡単な靴です。材料的に地下足袋と近いものを感じました。」

大橋:「エスパドリーユは、男性も女性も履けてカラーも豊富で、楽しい気分になれます。きっと地下足袋も、履き心地の良さを残しつつ、気軽に履ける楽しい履物になれると思いました。そこから、スポッと履けるスリッポンタイプの地下足袋の開発を考えていきました。」

-開発で大変だったことは何ですか?

杉本:「地下足袋は、甲の部分を縫い合わせてあるのですが、その部分の強度を出すのに苦労しました。包み込むような履き心地を出すために、柔らかさと強さを兼ね備えた帆布の変わり織の生地を選定しましたが、つま先の成形が複雑なため、しわを出さないようにするのも大変でした。」

-たびりらをどんな人に履いて欲しいですか?

千田:「たびりらは、サッと履けるし、ぺたんこ靴なので、安定感抜群です。子育て中のお母さんや、一日中動き回っている店舗のスタッフさん、気が付いたら足がクタクタ!という方に、ぜひ履いていただきたいです。」

TOPICS

画像

2019.08.02

「丸五」初の旗艦店『MARUGO TOKYO』
東京都・日本橋にオープン

2019年8月2日(金)、足袋型シューズの旗艦店「MARUGO TOKYO(マルゴ トウキョウ)」を東京都・日本橋にオープン。
倉敷の本社工場で職人が一つひとつ丁寧に作る「メイドイン倉敷シリーズ」を中心に、幅広いラインナップの足袋型シューズを販売いたします。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000045590.html

画像

2019.06.01

たびりらカフェ in 虎の門
たびりらカフェ ~足袋と暮らす愉しみ~

東京 虎の門ヒルズすぐの『TREX TORANOMON CAFE』と6月1日から30日までの期間限定コラボイベント。
こだわりの美味しいランチやお酒を楽しみながら“たびりら”の世界観を体感できる素敵な空間に。

画像

2017.09.05

NHK 『あさイチ』で
紹介されました。

画像

2017年9月5日(火)、NHKあさイチ内の『ピカピカ☆日本』のコーナーで、踏ん張りのきく地下足袋形状の良さや、おしゃれに履ける進化した地下足袋として『たびりら』を紹介していただきました。

NHK あさイチ:https://www1.nhk.or.jp/asaichi/index.html

たびりらストーリー
  • 足の裏からよく伝わる。
    はだしみたいで心地いい。

  • 通勤しながら、
    たびりらで健康に。

  • 軽くて持ち運びラクラク。
    お気に入りのカバンと一緒に。

  • 気軽に丸洗い。メンテのしやすさも、
    気持ちよさのひとつ。

  • 創立100年の老舗地下足袋
    メーカーならではのこだわりと品質

商品ラインナップ
商品ラインナップ